【大船ヘッドスパ】必要な方にとどきますように

2021/08/26 ブログ

 

呼吸道 清水友邦さんhttp://iihatobu.com/

の記事抜粋します。

寺山先生はカルチャーセンターで一度お会いさせていただきましたが、めちゃお茶目な素敵なチェロが大好きなおじさまでした😊

必要な方にとどきますように。

::::::::::::::

自然治癒の先駆者で末期ガンから生還された寺山心一翁先生は私が敬愛してやまない方です。

80歳を越えてからも、ますますお元気で活躍されています。

アリゾナ大学医学部教授アンドルー・ワイル博士が著書「癒す心、治る力」で寺山先生のガンが自然に治癒して消えていく様子を紹介しています。
寺山先生はアリゾナ大学医学部、そして世界中で自然治癒の講演をしています。

寺山先生は48歳の時に右腎臓ガンになりました。 
右腎臓を手術で取り除いてもガンが広がり、死を覚悟した夜に寺山先生は臨死体験の夢を見ました。それから 嗅覚が異常に高まって 病室の臭いに耐えられず、消灯後の病室のベッドから抜け出し病院の屋上に寝ていた所、病院の関係者に見つかりました。
そして、自殺の恐れがあるとの理由で、病院を退院させられてしまいました。

生きていることを確認する為に自宅のマンションの屋上に昇り、日の出を眺めていたところ、まばゆい光が全身を貫きました。滞っていた生命エネルギーが流れたのです。

寺山先生は当時の日本のトップクラスの半導体の研究者で科学的な考え方の訓練をして来た科学者でした。

ところが生命エネルギー(クンダリニー)が上昇してエネルギーの中枢センター(チャクラ)が開くと、寺山先生はオーラ(非物質的な微細な身体)が見えるようになってしまいました。

そうなると寺山先生はオーラやチャクラが胡散臭いとか、科学で証明しなくちゃいけないということがアホらしく思うようになってしまいました。

その当時の様子を次のように語っています。
「生きていることだけで幸せでした。太陽が神にみえましたよ。部屋にもどったら、家族全員のまわりにオーラがみえるようになっていました。だれもが神なんだって思いましたね」

そして先生が毎朝太陽に向かって感謝の挨拶をしているときに 突然、宮澤賢治の詩「雨ニモマケズ」が口から出てきたのです。

その中で「欲ハナク、決シテ瞋ラズ、イツモシズカニワラッテヰル」のところで涙がとめどなく出てきて、私がガンを創ったのだということをはっきりと認識したそうです。

そしてガンに対して自分で作つた子供だという気持ちが湧き起こり、「愛しているよ」と愛を送り始めましたら、痛みが減少して鎮痛剤を使用しないでも眠ることが出来るようになりました。排泄と吸収と運動と心の状態を心地良くしていると、やがてガンは小さくなり始めたのです。

「おかげで、自分のなかにも、まわりにも、自然治癒力があるということに気がつくようになったんです。そしてだんだん、がんをつくったのは自分自身だったんだということに気づきはじめました。

わたしが、自分のふるまいによって、がんをつくったんです。そのことに気づくと、自分のがんを愛さなければならない、敵として攻撃してはならない、ということがわかってきました。がんはわたしの一部であり、わたしは自分のすべてを愛さなければならなかったんです」寺山心一翁(アンドルー・ワイル 「癒す心、治る力」角川文庫)

寺山先生の人生は私たち人類の行く末とシンクロしています。
寺山先生が右腎臓ガンになった状態が今の私たちの人類の状態です。

当時の寺山先生はガンだと知らされなかったそうです。
まだ地球環境が崩壊しているということを知らされていない人が大勢います。

これから寺山先生が臨死体験の夢を見たように地球に住む様々な人々が地球環境が崩壊するビジョンを見て「私がこの状態を創ったのだ」ということをはっきりと認識する人が増えてきます。

自我は一つの世界に境界線を引いて世界を分離してみています。
そして体と心、他者と自分を切り離し、対立と争いを続けてきました。

寺山先生はガンをきっかけに「欲ハナク、決シテイカラズラズ、イツモシズカニワラッテヰル」境地にたどり着きました。

世界との一体感を内面で体験した人は、自然に敬意を持つようになり、攻撃性が低下し、性別、人種、考えの違いに寛容になります。

すべての存在は相互に関係して、あらゆるものが因果で結びついています。
世界が一つだと気がつくと自我が作り上げた偽りの境界線は消えます。

愛に境界線はありません。
寺山先生はがんを愛するようになりました。
そして、寺山先生のガンは自然に消えたのです。

寺山先生の人生に転機が訪れたように人類も大転換の時代を迎えています。

「ガンはありがたい贈り物です。ガンは新しいあなたに、新しい命につうじている道なんです」寺山心一翁